各駅停車


鈍行列車のように焦らず毎日を過ごそう。
by kajika-chan
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
メモ帳
ときどき、声を出して笑う。

「面白いねえ、実に。俺の人生は。だって、道がないんだ。」

眼の前にはいつも、なんにもない。
ただ前に向かって身心をぶつけて挑む、瞬間、瞬間があるだけ。
以前の記事
お気に入りブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

富士山

学会の為静岡へ行き、うまれてはじめて富士山を見た。

私が見たのは、車窓から見える富士山だ。山の上からでもなく、海辺からでもなく、住宅やビルや電柱の向こうに見える、富士山。

それを見て、そんな富士山の図がとても好きになった。
変化していく人間の生活と、変わらずそこにある富士山。相反するものが同居するその映像に魅力を感じたのだ。そして自分も、変わっていく部分と変わらない部分を持っていたいと思った。

電車の中から、また、途中下車して、そんな富士山の写真を撮った。
c0070214_2144921.jpg

[PR]

by kajika-chan | 2006-10-15 02:11
<< おとまり会 実験が >>